北松戸・常磐線沿線 子供バレエ教室&ダンススタジオ

お知らせ

メソッドについて

バレエのメソッドについて

長い歴史のあるクラシックバレエは、そのグローバルな発展過程により様々な素晴らしいメソッド(教育方法、流派)が確立されてきました。
例えば・・・・
ワガノワ、RAD (Royal Academy of Dance)、ブルノンヴィル、オペラ座、チェケッティ
などがあります。

各メソッドの違いについて

各メソッドとも、重視する要素やステップの呼称、手足・首などのポジションの微妙な位置、教育方法などにおいて独自の特徴がありますが、根本的なクラシックバレエの基礎は同じであり、どのメソッドでも正しく訓練すれば美しいダンサーが育つことは共通しています。

まりむらバレエスクールでの採用メソッドについて

当スクールでベースとして使用するメソッドは
  • ワガノワ (Vaganova)
  • RAD (Royal Academy of Dance)
の2つです。

経緯は、主宰の大村が
  • 訓練を受けた教育がワガノワメソッドベースだったこと。
  • カナダ国立バレエ学校教師養成科で学んだ同スクールの教育方法のベースがワガノワメソッドだったこと。
  • 英国のRAD (Royal Academy of Dance)の登録教師資格(Registered Teacher Status)を保持していること。
です。

上記2つのメソッドの採用方法

当スクールでは、ワガノワメソッドとRADの教育方法をベースにカリキュラムを組んでおります。従って、「どちらか一方のメソッドをそのまま採用し習得すること」は重要視しておりません。(もちろん、メソッドや基礎を無視する訳では決してありません)
重要視していることは「一人ひとりが安全に正しい基礎を身につけること」であり、それはどのメソッド(手段)を採用しても可能なことです。当スクールでは、主宰の大村が学んだ知識や経験、各メソッドの優れた部分を採用し、ただ単に動きやポジションの完成形を押し付けるのではなく、目の前の生徒様にしっかりと向き合い、安全で効率良い上達のお手伝いをすることが大切だと考えております。
基礎要素は各メソッドとも共通ですが、顕著な違いがあるステップやポジションに取り組む場合はクラス内で違いを説明し、当スクール外で踊る場合などの将来にも備えます。また、利便性、効率化の観点から普段のステップやポジションの呼び方は基本的にワガノワメソッドで統一しております。

RADについて

RAD (Royal Academy of Dance)は、英国のダンス教育の質の向上を目的とし1920年に設立され、現在では79カ国に1万3千人も会員がいる世界最大のバレエ教育機関です。全世界で統一したシラバスを使用し、毎年英国のRAD本部から正式な認可を受けた試験官が派遣され、やはり統一されたバレエ試験(レベルが細分化されています)が実施されます。教育内容はクラシックバレエ、キャラクターダンス、free movementと呼ばれる現代ダンサーに必須な動きの質も学べる内容、など多岐に渡ります。
RADの試験に生徒をエントリーすることができるのはRegistered Teacher Statusという認定登録資格を有するRegistered Teacherのみ可能です。資格取得には様々な方法がありますが、当スクール主宰の大村真理子はカナダ国立バレエ学校教師養成科在学中に資格取得の為の工程を進め、様々な試験を経て資格を取得しております。ご希望があればRADの試験に向けた指導や試験へのエントリーも可能です。